Institute of Liberal Arts

付属研究所紹介

本学における教養教育の進展・向上、及び研究所所員(専任教員)相互の研究交流が目的

本研究所は、本学における教養教育の進展・向上、及び研究所所員(専任教員)相互の研究交流を目的として設立されています。本学の教養教育は、全学共通科目(「明治学院共通科目」)として諸領域科目及び外国語科目がありますが、これらの科目内容の充実と教育の向上を目的として、本研究所は(1)諸領域教育研究部門(2)外国語教育研究部門に分かれています。

本センター及び研究所は、多種多様な科目を担当する教員によって構成されており、各教員のこの専攻分野の幅の広さを活かして上記教育・研究活動に資するべく研究会・研修会・講演会、そして本学学生も参加できる公開講演会・公開シンポジウムなどを行っています。

特に(2)の部門では本学生の英語能力向上のため、毎年6月、10月、12月に「TOEIC IP」を、6月、10月に「TOEFL ITP」を実施しています。また、春・秋学期中/夏季・春季休暇中には、「TOEIC集中特訓講座」を実施しています。これらは、留学や就職活動などに有益となるものです。

また、スペイン語能力試験に向けての「DELE試験準備講座」や「ドイツ語技能検定試験(独検)対策講座(3級・4級)」、「TOPIK韓国語能力試験対策講座(TOPIKⅠ・TOPIKⅡ)」、「中検・HSK 中国語資格試験対策講座(3級・4級)」、「実用フランス語技能検定試験(仏検)対策講座(3級・4級)」も開設され、外国語学習のための講座は少しずつ拡充しつつあります。さらに、「手話特別講座」も開設しています。

なお、(1)(2)部門の研究・教育活動の成果は、毎年刊行される年報『SYNTHESIS』に掲載されます。

付属研究所 役職者紹介

役職 氏名 職位
所長 嶋田 彩司 教授
主任 吉岡 拓 准教授
主任 三角 明子 准教授